救命処置のセミナーに参加してきました。

先日、救命処置の研修に行ってきました。 毎年、色んな研修に行かされるんですよね。 研修を受けるのは嫌いじゃありませんが、毎回研修報告書の期限に追われて、頭を悩ませています(;´Д`A しかし、研修に行かないと、新しい知識も覚えることが出来ませんからね、頑張るしかないなぁって思ってます(-_^) 救命処置の研修は、いつもの研修に比べて、実践的なことで、看護師だから…という知識や技術ではなく、一般の人も参加する研修です。 日頃の生活の中で、意識を失っている人がいたら、素早い対応でその人の命を守る、そんな対応を覚えるものです(´・Д・)」 看護師なんだから、そのくらい出来て当然って思われているかもしれませんが、実際看護師が、プライベートで歩いていて、そんな場面に遭遇したら、なんのためらいもなく救命処置出来るかと言われれば…即答でYesとは言えませんね。 病院という環境のなかで、白衣を着ているからこそ看護師として血まみれの人に対しても対処していますが、白衣を脱げば他の人と変わらないよねって、よく思いますf^_^; 周りの看護師も、実際そんな現場に遭遇したら、そっと知らない振りをしてその場を去ってしまうかも…って言う人もいますからね。 ある意味、病院という環境の中だから安心感があるのです(´・Д・)」 病院には、処置の器具も揃っていますし、周りにも医療従事者がいます。看護師バイト完全ガイドにも書いてありました。 病棟であれば、素性も知れていますから、感染症の有無もわかります。 救命することが仕事ですから、それは躊躇することなく立ち向かえます。 しかし、素性も知らない、感染症の有無もわからない。 そんな見ず知らずの人が、心肺停止…という状況でためらわずに救命処置を行うのは勇気のいることですよね(;´Д`A しかし、そのためらいが、倒れている人の人生を変えてしまいます。 素早い対応があれば助かるかもしれない、後遺症が残らないかもしれない。 しかし、ためらうことでその人は死んでしまうかもしれない、後遺症が残り、これからの人生が辛いものになるかもしれない。 そう考えたら、ためらうことなど出来ないのですよね。 今回の研修もまた良い経験になったなぁと思っていますよd(^_^o)

寝たきりの患者さんには専用の部屋があります

いろいろある看護師が働く職場の中でも、最も忙しいのは病棟勤務ではないでしょうか。 病棟というのは、外来やクリニックと違い、患者さんが入院しています。 その為、一日の業務に終わりがあるという事がなく、24時間365日稼働しています。 病棟での業務は、検査や治療に関わる業務、検温、排泄のケア、食事介助、服薬介助、点滴の交換、採血など、実に沢山です。 オペが多い病棟では、オペ出しやオペ迎え、オペ後の管理、それに急変の対応もあります。 オペ後の管理は頻繁に行う必要がありますから、負担も大きくかなり神経を使います。 その他にも、ナースコールの対応があります。 患者さんの中には、たいした用事もないのに、ナースコールを連打する方もいますから、 一日中ナースコールに振り回されてしまう場合もあります。 それに、病棟には寝たきりの患者さんもいますから、オムツ交換や体位交換など、頻繁に行う必要があります。 痰の吸引も必要ですし、なかなか勤務時間内に業務を終わらせる事ができず、残業は当たり前といった状況です。 病院によっては、スタッフの負担を軽減させる為に、寝たきりの患者さんを、一部屋にまとめているところもあると聞きました。 それも、男女関係なく、同室の部屋です。 そのようにしないと業務が回らない、という医療者側の都合も、分からない事はありませんが、そのような状況では、 プライバシーを守る事はできないと思いませんか? 寝たきりの患者さんといっても、患者さんのプライバシーを守る必要があると思うんです。 スタッフが不足している状況では、仕方のない事なのかもしれませんが、何だか悲しい気持ちになってしまいます。 どのような状況であっても、患者さんへの配慮を常に考えていたいと思っています。

生活習慣病の予防には食事や運動などで自分でも出来る事が沢山あります。

病院で働いていると、毎日多くの患者さんを見る事になりますよね。 沢山の患者さんをみていてつくづく思うのが、自分は病気になりたくないな、って事です。 生きている以上、誰でも病気にはかかりますよね。 病気にはいろいろありますから、普段から気を付けていても、避ける事ができない場合もあります。 でも、予防する事ができる病気も沢山あるんですよ。 その代表的な病気が、生活習慣病です。 生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症、肥満などがありますが、その名の通り、 生活習慣が大きく関係している病気なんです。 大きな原因は、食生活や運動不足、喫煙やストレスです。 普段の生活習慣が乱れる事によって起こる生活習慣病は、命に関わるリスクも高いんですよ。 ご存知でしょうか?生活習慣病というのは、自覚症状がないままに、動脈硬化が進行していくんです。 そして、ある時に突然、心筋梗塞や脳梗塞が起こって、死に至ってしまう場合もあるんですよ。 とても怖い事ですよね。 たとえ命に別状がなかったとしても、一度生活習慣病になってしまうと、 生涯その病気と長く付き合っていかなくてはいけなくなるんですよ。 そうなると、好きな物を食べられなくなったり、生活が制限されてしまう可能性もあります。 そんな状態にはなりたくないですよね。 生活習慣病を予防する為には、食生活の改善、適度な運動、禁煙、お酒を飲み過ぎない、規則正しい生活など、 普段の生活を見直すだけで、病気にかかるリスクを下げる事ができるんですよ。 生活習慣病にかかって、長患いしてしまうと、本人はもちろん、家族にも負担が掛かってしまいます。 いつまでも健康で過ごしたいと思いますよね。 そのためには、自分でできる事を普段から心がける事が大切です。


ページランク表示 教室・スクール・クラブ 熱帯魚 安眠 PageRankLink